相続問題は税理士へ相続相談するのが一番

税理士に相続相談するメリット

Permalink

相続相談では、相続人の争いよりも相続税対策に関するものが最も多い割合を占めています。普段、給与所得を受けている人は所得税の申告手続きをする必要もなく、自動的に給料から天引きされて納入されています。したがって、いきなり相続税の申告手続きを自分でするようにと言われても、何をどうしていいのかわからないというのが実情でしょう。

女性税理士に相続相談をするという上で最も大きなメリットは、相続税の申告や納付を適正に行うことができるということです。相続税は所得税と比較すると桁がいくつも違うほど大きな税金となります。財産の評価や相続人の人数などによって相続税の計算方法は異なるため、かなり専門的な知識や経験が必要となります。税理士は税金のプロであり、余分に払う必要のない税金を抑えたり、事前に節税対策のアドバイスをしてくれたりするなどして依頼人の資産を守ってくれます。

税務調査というと脱税防止のための査察というイメージがありますが、それだけでなく相続税の申告についても行われるものです。所有財産と納付した相続税があまりにかけ離れていると法人税と同様に査察が入ることがあります。税理士は、税務の専門家であるため税務調査が入った際にも根拠を提示しながら事実を説明する力量があります。相続問題、特に相続税のことで悩みがあれば、税理士への相談をおすすめします。


関連記事

弁護士、司法書士への相続相談

Permalink

相続手続きはケースによって100種類にも及ぶものがあるとされており、素人がゼロから調べて手続きをするのには大変な労力と手間がかかります。また、ほとんどの相続手続きは平日の日中に行わなければならないため、仕事に度々支障が生じることも問題と言えるでしょう。かといって何もしないと銀行口座が凍結され、現金引き出しができずに生活に困窮することになります。法務局や税務署などに問い合わせをしても、相続に関するある一定の知識があるものとして事務的な対応をされることが多いため、わからないことだらけとなることでしょう。

お金そんなときに、相続相談ができる窓口として税理士、弁護士、司法書士などがあります。弁護士は、相続問題が調停、審判などに発展した際に裁判所において唯一正式な代理人となれます。しかし、原則的に法定相続分は法律で決められているため、よほどのことがない限り法的に争うことはないでしょう。また、費用が高いというデメリットもあります

司法書士は、不動産を相続する際に名義変更などの手続きができるというメリットがあります。相続人同士で争いがない場合には依頼するのもひとつの方法ですが、そうでない場合は司法書士だけで手続きを済ませることができません。


関連記事

相続相談をした方がいい理由

Permalink

相続に関する問題は莫大な資産を所有する財閥や名家に限ったものではありません。親が亡くなり、家や土地などの不動産や預貯金、株式などさまざまな遺産を相続するにあたって初めて相続問題の大変さに気づくという方も少なくないでしょう。相続手続きには期限があり、その方法や流れをきちんと理解していないとトラブルが生じることもあります

困った顔故人が亡くなってからできるだけ早く遺言書の確認、法定相続人の決定、遺産分割協議などの手続きをすることになります。負の遺産として借金を相続するケースもあり、遺産相続放棄をするにしても故人が亡くなってから3ヵ月以内に手続きをしなければなりません。また、遺産を相続する場合には、相続税を納める必要があり、その申告期限は10ヵ月以内となっています。このように遺産相続には期限がつきものであり、初めて遺産相続を経験する人にとっては、どうすればいいかわからないまま期限切れとなってしまうこともあります。

相続問題は、それまで良好な関係であった家族や親戚がいがみ合うきっかけになってしまうものでもあります。自分の取り分をめぐって骨肉の争いが繰り広げられることも珍しくありません。そのため、当人同士で解決するのではなく、客観的かつ専門的な知識をもった第三者に相続相談するのが最もよい方法と言えるのではないでしょうか。相続や相続税の相談は、税理士や弁護士、司法書士などさまざまな相談窓口がありますが、中でも税理士に相談することのメリットについて説明します。


関連記事