税理士に相続相談するメリット

Permalink

相続相談では、相続人の争いよりも相続税対策に関するものが最も多い割合を占めています。普段、給与所得を受けている人は所得税の申告手続きをする必要もなく、自動的に給料から天引きされて納入されています。したがって、いきなり相続税の申告手続きを自分でするようにと言われても、何をどうしていいのかわからないというのが実情でしょう。

女性税理士に相続相談をするという上で最も大きなメリットは、相続税の申告や納付を適正に行うことができるということです。相続税は所得税と比較すると桁がいくつも違うほど大きな税金となります。財産の評価や相続人の人数などによって相続税の計算方法は異なるため、かなり専門的な知識や経験が必要となります。税理士は税金のプロであり、余分に払う必要のない税金を抑えたり、事前に節税対策のアドバイスをしてくれたりするなどして依頼人の資産を守ってくれます。

税務調査というと脱税防止のための査察というイメージがありますが、それだけでなく相続税の申告についても行われるものです。所有財産と納付した相続税があまりにかけ離れていると法人税と同様に査察が入ることがあります。税理士は、税務の専門家であるため税務調査が入った際にも根拠を提示しながら事実を説明する力量があります。相続問題、特に相続税のことで悩みがあれば、税理士への相談をおすすめします。


関連記事