相続相談をした方がいい理由

Permalink

相続に関する問題は莫大な資産を所有する財閥や名家に限ったものではありません。親が亡くなり、家や土地などの不動産や預貯金、株式などさまざまな遺産を相続するにあたって初めて相続問題の大変さに気づくという方も少なくないでしょう。相続手続きには期限があり、その方法や流れをきちんと理解していないとトラブルが生じることもあります

困った顔故人が亡くなってからできるだけ早く遺言書の確認、法定相続人の決定、遺産分割協議などの手続きをすることになります。負の遺産として借金を相続するケースもあり、遺産相続放棄をするにしても故人が亡くなってから3ヵ月以内に手続きをしなければなりません。また、遺産を相続する場合には、相続税を納める必要があり、その申告期限は10ヵ月以内となっています。このように遺産相続には期限がつきものであり、初めて遺産相続を経験する人にとっては、どうすればいいかわからないまま期限切れとなってしまうこともあります。

相続問題は、それまで良好な関係であった家族や親戚がいがみ合うきっかけになってしまうものでもあります。自分の取り分をめぐって骨肉の争いが繰り広げられることも珍しくありません。そのため、当人同士で解決するのではなく、客観的かつ専門的な知識をもった第三者に相続相談するのが最もよい方法と言えるのではないでしょうか。相続や相続税の相談は、税理士や弁護士、司法書士などさまざまな相談窓口がありますが、中でも税理士に相談することのメリットについて説明します。


関連記事